りんごの栽培方法と種類(品種)

「摘果」という実を間引く作業が結実の後の30日程度を目安にして必要です。また、「花摘み」という優位な花のみを残すという作業も開花直前から 開花時期までに必要です、これらの作業は優れた果実(商品価値の高い)を収穫するためにリンゴに限らず必要なことです。無袋栽培と有袋栽培 という袋を果実にかけない栽培方法とかける栽培方法がリンゴにはあります。有袋栽培をおこなう品種にはふじなどがありますがこれは商品価値を 上げるために鮮やかな色の果実を収穫するために行っています。ですが一般的には糖度もあがるので日光のよく当たる無袋栽培の方がよく行われ ます。二重袋や新聞紙などの遮光度の高いものを使用して果実の着色の向上を図っています、また、遮光度の弱い袋を使用してさびの防止を 図ったりもしています。貯蔵性が向上する効果も有袋栽培にはあります。おいしく甘いが見栄えはあまりよくないリンゴが無袋栽培では収穫されます。 無袋で栽培されたことを示すのが「サン」という言葉で、この言葉が名称の頭にくるリンゴは無袋で栽培されています。シートの敷設などがおこなわれ たり(太陽の光を反射させるため)、玉まわし(果実を樹上で回転して、均一な着色具合を実現するため)や摘葉なども日当たりを良くする目的で 行われます。これらは大きな役割を太陽の光がリンゴの着色の際に果たしているからこのような作業をするのです。また、優秀な選抜亜種(色つきの 着色系と呼ばれる)への品種の変更や着色促進剤が使われることも近年ではあります。大きな負担となる日光をリンゴに当てる作業に代わる方法と して農家が取り入れているのです。摘葉を行わないで済む「葉とらずリンゴ」という種類のリンゴもあります。主流は矮性の樹形がはばをきかせています。 人工の受粉も人の手によって広く行われています。これは昆虫の減少から近年は花粉の媒介が不十分だからです。ギ酸カルシウム剤の散布が 摘花の省力化の理由で行われることもあります。
マルバカイドウが台木として用いられます。これは伝統的な樹形(リンゴの栽培が日本に伝えられたころと同じような形)で栽培する場合のことです。 M26、M9、JM7などを台木として利用する場合もあります。これは、矮性栽培(樹高を低くして栽培する1975年ころから普及し始めた方法)を行う 時に用いられます。農薬を散布する際の機械化や肉体的負担を生産者から減らしたことなどが矮性栽培の成果と言われています。
品種は数千から一万以上の品種が世界では存在するといわれています。品種登録されていないものが多いのが多くの有名品種です。これは誕生年が古いからだといわれています。日本においては、85種の品種登録が維持されています、登録そのものは177品種登録されています。管轄は農林水産省(日本)です。
「姫ふじ(ひめふじ)」も小玉として品種改良して存在しています。注意が必要なのは早生(わせ)ふじで早い時期に市場に出回りますが、ふじらしい 食味が赤く色づいた見た目でもないことや酸味や甘味にふじと同じ糖度でもばらつきがあっておいしいものを選ぶのが難しいようです。「サンふじ」の 名前で(「サンふじ」はJA全農長野の登録商標です)出回っているものもあります。これは太陽の光を無袋でたくさん浴びさせて栽培したふじのこと です。米国の学者たちによる2001年の調査によって品種としては生産量のもっとも多い世界一の品種であることが確認されました。海外では オーストリア・北アメリカ・中国なので多く栽培されています。「Fuji」と日本同様の名前で海外にもたくさん輸出されて人気を博しています。日本国内 でも品種としては一般的に最も多く栽培されている品種です。「ふじ」はふじさき町(青森県)で作られました。
誕生した土地と  誕生した年   群馬県で作られました。品種登録は1981年になされました。 元となった品種 不明 収穫される時期   10月中旬から10月下旬に収穫されます。 特色  優れた食味を持ています。良い歯触りをしています。贈答品としてよく用いられます。これは日持ちがよい上に大きさが大きいからです。      味は濃厚で非常に楽しめます。バランスがよく酸味と甘さが程よくておいしいです。大玉です。
誕生した土地と  誕生した年  群馬県で1971年に作られました。品種登録は1991年になされました。 元となった品種 ふじとあかぎを掛け合わせました  収穫される時期  9月下旬から10月下旬に収穫されます。 特色  とてもよい食味で15度くらいの糖度でちょうどよい甘さです。蜜が入っていて豊富な果汁のリンゴです。
誕生した土地と  誕生した年   長野県に中野市の小田切健男氏が作りました。品種登録は1993年になされました。 元となった品種  津軽と千秋を掛け合わせました。 収穫される時期  9月下旬から10月上旬に収穫されます。 特色  優れた食味を持っています。しっかりした果肉も特色の一つです。これは津軽の特色を引き継いでいるといっていいでしょう。栽培は低標高      で比較的に温かい地域でも適しています。色は赤色で濃厚な色です。味わいは濃厚でバランスがよくて酸味と甘さが程よいです。
誕生した土地と  誕生した年   長野県果樹試験場が作りました。品種登録は1999年になされました。 元となった品種  千秋とゴールデンデリシャスを掛け合わせました。 収穫される時期  10月中旬から11月中旬に収穫されます。 特色  栽培許可の契約がSKズードチロルとなされました2007年12月27日のことです。このように、ヨーロッパでの評価の方が日本国内での      評価よりも高いようです。非常に優れた貯蔵性を持っています。これは蜜が入らないことが理由です。味わいは濃厚で、バランスが程よく      酸味と甘さが絶妙です。豊富な果汁を持っています。色は黄色に色づきます。