リンゴの特徴(植物学的)

セイヨウリンゴと植物学においては日本では呼ばれています。果実または落葉高木樹(バラ科リンゴ属)のことをリンゴ(学名:Malus pumila、林檎)といっています。
分泌物(蝋状)に熟すと覆われます。黄色や黄緑色や赤色をしています。35~1000gくらいの重量で、30~15センチくらいの直径の果実を実らせ ます。5弁花で色は白い花が晩春の時期に咲きます。また落葉高木ですリンゴの木は。 栽培は熱帯では暑さに弱いために難しいでしょう、栽培できるのは温帯や亜熱帯および亜寒帯あたりまででしょう。栽培されている品種は7500以上 もあると現在では言われています。品種改良は収量や食味や病害抵抗性の面から盛んに行われています。明治以降にもたらされたものが今現在 の日本で栽培されています。寒冷地では西アジアからカフカスにかけて、山岳地帯では中央アジアの新疆ウイグル自治区(中国)やタジキスタンや キルギスタンなど、あとはカザフスタン南部などが原産地だとされています。